防水工事実績

Waterproofing work

アパートやマンション、ビルやALC住宅の屋上、陸屋根、ベランダ、バルコニー等には、なぜ防水工事が必要なのか知らない方も多くいらっしゃいます、防水工事は建物の寿命を延ばすために、絶対に必要な工事の一つです。その理由としは、防水工事をしなかった場合に起こる『劣化』のことを考えると、よくわかります。
仮に、定期的に防水工事をしなかった場合、時間とともに劣化が進行し、防水性能を発揮できなくなった箇所から建物内部に水が浸入するようになります。建物内部に浸入した水は、雨漏りを発生させるだけでなく、建物内部の躯体も確実に腐食させていきます。場合によっては、建物に浸入した水が原因で、菌やカビが繁殖してしまうことも。つまり、防水性能が失われると、建物を蝕み、寿命を縮めることにダイレクトにつながってしまうということです。
このような事態を避け、建物の寿命を延ばすには、定期的に防水工事を施し、建物に水を入れない状態を保っておくことが重要なのです。

ベランダのウレタン防水施工

ウレタン防水はウレタン樹脂塗料によりゴム状の防水膜を作る防水方法です。
ウレタン樹脂は低反発マットレスなどにも利用されていることから分かるように、柔らかい皮膜を形成するのが特徴です。
ウレタン防水は液体状の材料を使って、現場で仕上げる工法なので、複雑な形状をした場所でも、継ぎ目のない防水膜を形成できます。

【ウレタン防水のメリット】

強度、軽さ、耐水性、耐熱性、耐久性に優れている。
均一な厚みで施工が可能。
速乾性なので工期が短くて済む。
トップコートのバリエーションが豊富。

Before

After

住宅基礎のクラックを防ぐゴム質材塗膜施工

液体状のウレタン樹脂を塗布することで化学反応を起こして防水塗膜を形成する工法。ウレタン樹脂の特徴は「弾性」を持つこと。そのため、建物のヒビ割れに塗膜が追従し水が浸入するリスクを少なくすることができます。ウレタン塗膜防水は改修工事(リフォーム)の際に、使用される工法の中で主流の防水工事です。用途としては、ベランダ、陸屋根の両方に使用されます。




屋上防水工事

私たちの生活空間を雨漏りから防ぐ防水層。陸屋根、勾配屋根、バルコニーをはじめ、開放廊下や庇、外階段など雨の掛かる場所には防水が必須です。アスファルト防水・改質アスファルトシート防水、シート防水・塗膜防水などがあります。太陽光パネルや屋上緑化を施す際には、最適な防水措置を行いましょう。断熱材と遮熱塗料を組み合せたサーモコントロール断熱は、最上階の室内を快適にします。

古いゴムシートを撤去後、緑の通気シートを敷き、その上にウレタン防水施工

Before



After



contact

お気軽にお問い合わせ下さい

053-571-8700

〒434-0012 静岡県浜松市浜北区中瀬5163 TEL:053-571-8700 FAX:053-571-8701
工場     静岡県浜松市浜北区中瀬594-2

Copyright (c) CT rise co.,LTD. All Rights Reserved.
Produced by japannet